042-851-6480

月曜~日曜・祝祭日/10:00~14:00・15:00〜19:00

初診オンライン予約

入れ歯
DENTURE

アイキャッチ

入れ歯とインプラントの
違いについて

患者様にとっての入れ歯の魅力とは

  • 治療期間が比較的短期間で済む
  • ご自身で外して洗浄できる
  • ノンクラスプデンチャーのように目立たないものもある
  • 1本だけでなく数本失った場合でも、一つの入れ歯で対応ができる

メンテナンスの違いについて

  • インプラントと違い硬い物が食べにくいなどの生活上のストレスを感じる事が多い
  • 取り外す事が出来るという事は逆に食べかすが挟まりやすいと言う事でもある
  • 入れ歯を維持するばねなのどの見た目が良くない
  • ある程度の期間が経つと適合が悪くない再度作成が必要になる
  • 歯槽骨の吸収が進むため歯茎のやせが生じる
  • 保険の入れ歯などは厚みがあり熱が伝わりにくく、味わいに影響がでる
  • 口臭が気になる様になる

入れ歯の種類

総入れ歯

総入れ歯とは、全ての歯を失った場合、または機能する歯が無い(歯の根っこのみが残っている場合)場合、すべての欠損部分を補う義歯のことです。

部分入れ歯

部分入れ歯とは、機能が出来る歯が残っている場合。欠損部分をのみにハメる義歯のことです。

入れ歯の材質

保険診療の場合

レジン床
素材の特徴見た目の問題。バネや金属が見えるため、審美的な難点があります。特に総入れ歯では厚みがあり(約1.5mm)熱を感じにくいため、料理本来の温度や味わいが変わってしまうことがあります。保険で利用できる材料(レジンプラスチック)だと特に匂いが付きやすいため、お手入れをしっかりしないと口臭の原因ともなります。

自費診療の場合

金属床義歯

素材の特徴金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。 レジン(プラスチック)に比べて丈夫な素材である金属を使うため快適で、たわまず、丈夫な入れ歯を作ることが可能になります。金属ならではの薄い仕上がりは違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで一層おいしく食事を楽しむことができます。食べ物の熱い、冷たいがよく伝わって食事が美味しい。

  • 金属部分は汚れにくく、清潔さを保ちやすい
  • 薄く細くできるので快適
  • 丈夫で壊れにくい
  • たわまないので残った歯と歯茎にやさしい
  • いろいろな種類の金属があり、金属アレルギーの恐れが少ないチタンもあります
  • 患者様の希望に応じた設計ができます
マグネットデンチャー
素材の特徴残っている歯が少ない場合に、残っている歯を総入れ歯の維持装置にします。
残っている歯に磁石を装着し、入れ歯側にも磁石を組み込みます。磁石と磁石がくっつく力で入れ歯を維持・固定する方法です。全ての歯がない場合には、インプラントを埋入した後に磁石付きの土台を付けることで、マグネットデンチャーを使用することも可能です。磁石を利用することで、通常の総入れ歯よりも外れにくく、噛みやすくなります。
ノンクラスプデンチャー
素材の特徴樹脂の弾性を利用して装着するため、歯に固定するためのクラスプ(金具、バネ)を必要としません。歯肉の色に近い樹脂で出来ていますので、審美性が高く、部分入れ歯を装着していることにほとんど気づかれません。弾性の高い樹脂を使用していますので壊れにくく、一般的な樹脂の部分入れ歯よりも薄く軽く作って違和感を軽減することが出来ます。樹脂の弾性によってかみ合せの負担が緩和されるため、クラスプで固定源の歯を傷つける心配がありません。
※適応症例がありますのでご質問などは来院してご説明させて頂きます。
オプション自費義歯+シリコン

素材の特徴自費義歯の裏側にシリコンを貼り付けたものです。
シリコンは、ゴムのように軟らかく弾力のある素材ですので、これをオプションとしてつけていただくことで次のようなメリットがあります。

  • 歯茎の痛みがほとんどない
  • シリコンが痛みを軽減するので、硬いものを噛むことができる
  • 他の入れ歯よりも外れにくい(シリコンの吸着性による)
※これまで利用されてきた入れ歯が「痛い」「すぐに外れてしまう」「物をしっかり噛めない」という方にオススメのオプションとなります。

完成までの流れ

  • ① カウンセリング
  • ② 残存歯の必要な治療
  • ③ 型取り
  • ④ 噛み合わせの計測
  • ⑤ 試着
  • ⑥ 装着・調整
  • ⑦ 治療終了
  • ⑧ メインテナンス

RESERVE
初診のご予約はこちら

初診予約

pagetop