042-851-6480

月曜~日曜・祝祭日/10:00~14:00・15:00〜19:00

初診オンライン予約

虫歯治療
DECAYED

アイキャッチ

虫歯とは

虫歯とは、口腔内(口の中)に住みついている細菌が飲食(食べ物や飲み物)に含まれている糖質をエサ(代謝)にして作られる「酸」によって歯が溶かされ、穴が空いてしまう疾患のことです。

虫歯の原因について

虫歯の原因

虫歯は酸を作る「細菌(主にミュータンス菌)」、「酸にとけやすい歯の質(酸への抵抗力)」、細菌のエサとなる「糖質(主に砂糖)」の3つの好ましくない条件が重なりあい、時間が経過することで発生します。

治療の痛みに対する
医院の配慮について

痛みに対する配慮

当院では麻酔時の痛みを和らげるために、注射針が刺さるときの痛みを和らげる「表面麻酔」や、電動で麻酔液の注入速度を一定にして痛みを軽減する「電動麻酔」のほか、麻酔針には細いものを選ぶなど、細心の注意を払っています。

また、痛みの感じ方は人によって違うもの。一人ひとりの患者様の体調に合わせ、より配慮した麻酔を行なうためにも、カウンセリングをしっかりと行います。

C1〜C4の解説とそれぞれの
簡単な治療の流れ

C1:感染歯質が表層の
エナメル質に限局した感染症

この時点では痛みや欠損も小さく状態なので気が付きにくいです。

治療内容
感染歯質を特殊な機械・器具を使い完全に除去し、最小限の切削にて強化プラスチック(コンポジット)を充填。また、実質欠損が無く、表面の脱灰に留まっている場合はフッ素ペーストの塗布等を行い経過観察する場合もある。
治療の流れ
  • レントゲン撮影
  • 説明・同意
  • 麻酔
  • 感染歯質の除去
  • 充填

C2:感染歯質が表層のエナメル質を超え、2層目の象牙質内に入り込んだ状態

感染歯質が表層のエナメル質を超え、2層目の象牙質内に入り込んだ状態。ただ、まだ歯髄(神経)には達していない状態なので、補綴処置(詰める、被せる)にて対応可能。

この状態になると、実質欠損(穴や欠け)が見られるので違和感を感じ始め、患者様自身で気が付き始めます。この状態になると深さにもよりますが痛みなどの不快症状も出始めてきます。

治療内容
感染歯質を完全に除去し、補綴物にて対応します。除去後の穴の大きさにより補綴処置が変わります。
治療の流れ
C1に準じた処置を行い、印象採得(型取り)などを行い、後日最終補綴物(詰め物・被せ物etc)にて穴を塞ぎます。

C3:感染歯質が2層目の象牙質深部または髄腔(神経の中)内まで達した状態。

感染歯質が2層目の象牙質深部または髄腔(神経の中)内まで達した状態。
激しい痛みがある。

治療内容
神経の治療(抜髄)
治療の流れ
  • レントゲン撮影
  • 説明と同意
  • 麻酔
  • 感染歯質の完全除去
  • 感染歯髄の除去

C4:歯冠部(歯の見える部分)がほとんどなくなり、歯の根だけ残った状態

歯冠部(歯の見える部分)がほとんどなくなり、歯の根だけ残った状態。
歯髄が死に、痛みはなくなる。残った歯の根の先にウミがたまることがある。

治療内容
抜歯
治療の流れ
  • 状況確認の為のレントゲン撮影
  • 説明と同意
  • 麻酔
  • 抜歯

虫歯の予防法について

虫歯が細菌感染症である以上、菌の活動を抑える口腔環境を整える事が重要です。

一度口腔内に宿ってしまった虫歯の細菌(ミュータンス連鎖球菌)を選択的に殺菌する事が出来ない以上、菌の活動を極力抑え、2次被害3次被害を患者様と一緒に抑えていきます。

治療期間について

虫歯の状況、本数、治療方法によって治療期間は変わってきます。担当歯科医師と相談の上、決めていきましょう。

RESERVE
初診のご予約はこちら

初診予約

pagetop